Instagram

note

thank you! 15th anniv. live at nicolas

Quinka,with a Yawn15周年、

三軒茶屋カフェニコラにて【未来】ライブ、

そして高円寺アムレテロンでの一ヶ月間のエキシビションが終わりました。

まずはニコラにお集まりくださった皆さん、ありがとうございました。
ニコラのお菓子はフランスの伝統菓子パット・ ドゥ・フリュイ。
ひとつぶに甘さとフルーツのジューシーさが凝縮していて、最高に美味しかったです。
「新しいものは古くならない」
という言葉がこの日のキーワード?
ニコラのゆかさんが教えてくれたこの言葉、
Quinka,with a Yawnも15年を迎えつつ古くならない人でいたい、そんな音楽をつくりたい。
フタキとのギター二本という形態は変わらず、でも新しい音を追求したいという想いで挑んだ【未来】でした。
ニコラのピアノと空気、古い椅子、耳を澄ますみんなの顔、こどもの声、花の匂い、窓の光、
すべてが忘れられない。
ずっと歌っていたい。
そんな時間でした。
本当にありがとうございました。
そして、高円寺アムレテロンでのエキシビション。
足を運んでくださったみなさま、本当にありがとうございました。
こちらのレポートは後日。。

set list

【未来】

Little Boy
好きなカーテン
つぶ
Mistral
ふたりきり
ナポリ
春夏秋冬

花びら読み捨て

イニシャル

悲しみよこんにちは

Guitar and Vocal ; 青木美智子

Guitar ; フタキダイスケ

協力;アムレテロン、山ト波、カフェニコラ
写真などFBページにてたくさんあります。

note

thank you! 15th anniv. live at amleteron

Quinka,with a Yawn15周年のエキシビションが、高円寺アムレテロンにて始まりました。

そのオープニングパーティ的なライブ。
台風が上陸、という嵐の一日にも関わらず、予約してくださった全員が手作りチケットを片手に来てくださいました。
ありがとうございました!!!
お昼はお子様連れのお客様が多いライブ、夜は大人だけのアダルティ(しかもこの時は平成生まれも居なかった!)なライブに。
お昼の【過去】はコーラスに小貫早智子を迎え私はトイピアノとギターを弾き分け。
デビュー前にライブで1、2度演奏したかどうかというかなり古い曲や、古いアルバムからの曲しか歌わないという。
夜の【現在】は一人ギター弾き語り。
最近のライブで演奏している曲をしかもカバー多め。
やってみると【過去】と【現在】、思った以上に違いがハッキリと出る内容でした(よ!?)。
ジャンケン大会や詩の朗読などライブ以外のお土産?も加わったり、終演後いつもよりもお客さんおひとりおひとりとじっくりお話しが出来たり、それぞれが違う色の濃いライブになりました。
ライブの前後は展示をみなさんじっくり見てくれていて、特にiPadにまとめたPVや過去ライブ映像と、置いてある歌詞ネタ帳が人気だったかな?
アムレテロンの一部の壁にQuinkaの写真がこれでもかと貼られていて、「Quinkaファンの部屋」が出来あがっています。もちろん一番のファンは私(w)なんだけど、こんなふうに好きでいられるのは関わっている仲間たちが好きだから、なんだってことを改めて感じる15周年。

 

11月の【未来】ライブも楽しみですね。

 

set list
【過去】
ナポリ
hello allow
golden flower (apples in stereo /cover)
花びら読み捨て
hard (esrevnoc / cover)
the saddest story ever told (magnetic fields / cover)
i want you to want me (cheap trick / cover)
やさしいふたり
さちこ

 

Guitar,ToyPiano and Vocal ; 青木美智子
Chorus ; 小貫早智子

 

【現在】
悲しみよこんにちは
好きなカーテン
ゆっくりゆきちゃん
雨だれこぞうちゃん(raindrops)
イニシャル
きみのおかげ( dodo / cover)
今夜街を出よう(water water camel / cover)
二人の雨上がり
feelin groovy (simon and garfunkel / cover) guest うちだあやこ
朗読

note

thank you! quin om so vol.3

3度目のquin om soi。
初のランチライブとなりましたが、
皆さん変わらずに集ってくださり感謝感謝です。
今回の宿題は「しょうじょうじの狸囃子」でした。
ソイコが愛するこの歌、私も楽しく弾きました。
ちいちゃいお客さまも比較的静かに聞いてくれて、
とってもとっても幸せな空間になりました。
次回は12月9日、夜。
4回目のquin om soiでは何が飛び出すか、お楽しみです。

 

set list
NLMG
イニシャル
好きなカーテン
雨だれ小僧さん
kinomi
しょうじょうじの狸ばやし
悲しみよこんにちは 

 

session

Feelin groovy / Simon & Garfunkel
我に帰るすきまを埋めろ / トモフスキー

note

thank you! Ibuki no Tenmado

伊吹山、とても素晴らしいところでした。
そして人々も!
声をかけてくださった麻依子さん、琴と言葉が山いっぱい響いて素敵でした。
共演のベベチオ、星空を見ながら泣いたよねその声。
キンカは暮れ行く夕方の空と、お客さんのお顔を見ながら、とても気持ち良く演奏することができました。
なんと贅沢な時間。
スタッフみなさま、関係者方々、そしてお越し下さったみなさん、
ありがとうございました。
また遊びに行きます!

 

-set list-
blue flower
NLMG
ゆっくりゆきちゃん
イニシャル
sentimental journy
kinomi
悲しみよこんにちは

 

g&Vo 青木美智子
g&ch フタキダイスケ

note

15周年を迎えます

年明けにも書いたけど、

今年の10月23日が、CDデビューしてから15年の日になります。
この半年間、アニバーサリー的なことなにかできるかなぁとモヤモヤしていたんだけど、
ついにすこしずつ動き出して、10月〜11月にかけて企画が出来そうです。
それもこれも全ては、いままで応援してくれている方々のおかげ。
15年のことと、新しいこと、
ひっくるめて楽しい企画にしようと思います。
きちんと告知ができるのは8月後半くらいになるかなぁ。。。
10月です、
お気に留めておいて頂ければ!

note

thank you! KAMINARIWORKS

KAMINARIWORKS初のランチライブとなるイベントに誘っていただきました。
お相手はoishiioishii。
みんな知り合いなので久しぶりとはいえ和気あいあいな中、
さらに親子連れのお客さまもたくさん見え、
賑やかで穏やかな雰囲気の会場でした。
しげみ食堂さんのフードも美味しかったし、好評でしたね。
oishiioishiiのハーモ二ー、わくわくうっとりしました。
KAMINARIWORKSのDJ、外の湿気を吹き飛ばすダンスチューン。
どちらも最高でした。
会場のグレープフルーツムーンさんはキッズスペースを快く広げてくれて、
ライブ中の素敵な照明にも子供達の目はキラキラしていたように思います。

 

Quinkaは新しい曲やカバーを多めに。
フタキのギターアレンジが光っていました。
わたしは、いくつかヘマもしましたがなんだかとても楽しかったんです。
ヘラヘラしてたかな?真剣過ぎたかな?
どっちかな、どうかな。
新しい曲を、しっくりと自分のものにするのにはもう少し時間がかかりそうだけど、
今のこのフレッシュさを聞いていただけたと思います。

 

たくさんのご家族に集まっていただき、本当にありがとうございました。
またお会いしたいです。

 

-set list
お菓子とコーヒー
ゆっくりゆきちゃん(作曲:たどころせいじ/詩:谷川俊太郎)
イニシャル(新曲仮タイトル)
好きなカーテン
after hours(the velvet underground cover)
二人の雨宿り(新曲/作詞:たどころせいじ)
悲しみよこんにちは
-session
恋するにわとり

note

thank you! quin om so vol.2

二度目のquin om soi。
梅雨に入ったばかりの不安定なお天気予報の中、
原宿に着いてみればお店の中には強すぎるくらいの西日が差し込み、
少しの湿気と涼しい風が入り混じる夜。
相変わらずあやこちゃんのmcは最高に気が利いており歌も落ち着いていて、
Quinkaは実は新曲やカバーなど慣れない曲ばかりのセットリストになりましたが、
皆さんに参加して頂いたり、リアクションして頂いたりのおかげで、
とてもいい雰囲気になりました。
あやこちゃんは私の曲「悲しみよこんにちは」を。
私はdodoの「君のおかげ」をお互いにカバーし合うという趣向も。
あやこちゃんの悲しみよこんにちは、とても沁みたーー。
セッションでは私のルーツとあやこのナウが色濃く出る選曲になりました。
気がついてみれば一度目のquin om soiでお見かけしたお客さまが何人も。
全4回あるこのイベントですが、どうやら良い味が出てきた模様です。
全てお越し下さった方には最後に何かお土産をご用意したいなと思いつつ。。。
最高の梅雨入りでした、ありがとうございました!
次回は9月9日のランチライブとなります。
小さすぎる(もしくは逆に少し大きい)お子さまなら同伴も無理ではないかもしれません。
お会いできたらいいな。

 

set list
お菓子とコーヒー
夜明け(仮タイトル新曲)
ニットキャップマン(ムーンライダース/カバー)
つぶ 君のおかげ(dodo/カバー)
二人の雨宿り(新曲/作詞たどころせいじ)
NEVER LET ME GO

 

session
femme fetale / velvet underground
ode to my family / the cranberries
見事なカラダ / puffy

 

フォトジェニックでちゃんと美味しいuzna omomのご飯の写真とライブの模様はこちらです。

note

thank you! quin om soi

 

うちだあやこちゃんと二人で始めるカフェライブイベントquin om soi。
quinkaのquin、uznaomomのom、soikoことうちだあやこのsoi。
第一回目の今回は、まだまだ寒い中たくさんの方にお越しいただき、席が足りなくなるほどでした。
ありがとうございました!
uzna omomさんが出してくれる、イベントの特別メニュージンジャーソイチャイと、お食事とスイーツの両方用意してくれたuznaさんの看板メニューのパンケーキ。見た目も素晴らしく味ももちろん最高。なんてったってお店の雰囲気がとてもあったかい。
うちだあやこちゃんの歌、とてもよかったなぁ。
歌の中にちゃーんとあやこちゃんがいて、とても芯がある。その上声も良いから。
わたしはと言えば、ちょいと終始不思議なテンションでドタバタしつつ、久しぶりの曲や初めての曲もありました。
でも気持ち良く歌わせてもらいました。
お客さんとの距離が近いので、目を閉じて聴いてくれたり体を揺らしてくれたりが間近に感じられ、
こちらもほどよいリラックスで。
しかしながら久しぶりのライブだったのに自分のスタミナ不足を実感w。
セッションではハモり重視の選曲を。
自分たちの好きな曲、歌いたい曲を基本やっていますが、今度はもう少しわかりやすい曲もやろうかな。とか。
終演後、話しかけてくださった方々、本当にありがとうございます。そのお言葉で、生きて行けるんだほんと。
次は6月8日、同じ場所同じ時間同じ顔ぶれで。
詳細は追ってですが、よかったらもうスケジュールにメモを!
とてもとても嬉しかったんです、この日、みなさんと一緒に過ごせて。
わたしの歌を聞いてくれて。

set list / uzna omom 12th march

ふたりきり

花びら読み捨て

好きなカーテン

ゆっくりゆきちゃん(tadokoro seiji cover)

悲しみよこんにちは

今夜まちを出よう(water water camel cover)

灯す東北の歌

くちなしの丘の丘(session/原田知世)
for those below(session/mumford and sons)
サンジェントルマン(session/うちだあやこ新曲)

 

当日の模様など、イベント特設ページにて。

note

A HAPPY NEW YEAR!

2017

nen

 

デビューアルバムを出してから今年の10月23日でちょうど15年になるみたいです。

やりたいことをやらせてもらった15年間、
まだまだやりたいことが山ほどあります、、、
節目の今年は何ができるかな、、、、
ノープランです。
でも、
この声、
もっとあなたに近づけたらいいな。
良い一年になりますように。

note

thank you! hanikamusica

おやこで楽しむ音楽フェス「ハニカムジカ」第4回目の東京公演は、両部とも大盛況でした!
きんかは、去年リリースされたCD「うたうハニカムジカ」に2曲参加させてもらっており、イベントは今回が初参加。
受け付け入るなりスタジオピッピさんの会場デコレーションが、今回の「おいしい」というテーマに合わせ食器やカトラリーのガーランドなど目にも美味しく楽しい雰囲気にしてくれました。椅子などは置かず、床に敷かれたパッチワークのクロスにたくさんの家族が座り、こどもは自由に歌ったり踊ったりできました。かと言って大きな衝突や事故などもなく、約1時間半のイベントは終始大盛況大成功!!
実はわたしも我が子を連れて行ったので、出演しつつもちゃっかり良原リエさんと珍しいキノコ舞踊団のステージ、Toriさんのお菓子、ピッピさんのワークショップ全てを楽しんでしまいました。
きんかのステージは、椎名さんと一緒にリズム遊びなどを交えた内容に。
みなさん積極的に参加してくれてとても楽しかったです。
今年のこどもれこーどライブには椎名さんに度々参加してもらい、こどもれこーどとしての新たな目標が見つけられました。
これからも色々な場所でやれたら嬉しいな。
5年前、こどもれこーどでお世話になった各地の方々、また呼んでください!
またはこのブログを読んで、呼んでみたいと思ってくださった方は是非ご連絡ください〜!

set list / Aoyama Glocal Cafe
アルプス一万尺
不思議なポケット
Under the Sea
むすんでひらいて
とんでったバナナ
やぎさんゆうびん

 

Gui & Vo / 青木美智子

Marrimba & more / 椎名明子

| 1/39 | >>